一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

『一人一人をよく見る』 | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

『一人一人をよく見る』


菅生の一言

Todasy’s センテンス『一人一人をよく見る』

マネジメントと言えば、ドラッカー。
世界で初めて、マネジメントについて体系化した方で「マネジメントの父」と呼ばれています。
ご存知の方や、ドラッカーを学んでいますという方も多いですね。
私自身もドラッカーの徹底的に人を大切にする思想を汲んだ組織づくり、人づくりを行っています。
ドラッカーの有名な言葉を紹介します。あまりにも有名なので、がっかりする方もいるかもしれません。

でもあえて紹介したい!


“企業の目的の定義は一つしかない。それは、顧客を創造することである。”

”企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングとイノベーションである。マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす。”


出典:『マネジメント』ダイヤモンド社

著者:P.F.ドラッカー著

ドラッカーは、顧客の創造という。
私たちの組織は使命、目的を果たすために存在し、仕事を通じて働く人たちを生かし、社会の問題解決に貢献しなければならない。
そのためには、社会にいる、顧客一人一人が何を買いたいか、何を求めているのかを把握し、それを提供すること(マーケティング)で、人的資源や物的資源に対し、より大きな富を生み出す新しい能力をもたらす(イノベーション)こと。

簡単に言い換えると、顧客をしっかり見ることで、顧客が求めるものを提供でき、社会により大きな富を生み出すことができ、それが組織の目的であるということなのです。

菅生のこの文章をドラッカーさんが読んだら、怒られそうなくらい簡略化していますので、そのあたりはご容赦ください。

私が今日ここでお伝えしたいことは何か。

それは、ドラッカーの言う顧客を創造する、という言葉は、原文では「create a customer」だということです。
「create customers」ではないのです。
一人の顧客を創造しなさい、と言っているのです。

ということは、顧客を十把一絡げにするのではなく、一人の顧客を見なさい、ということ。
一人の顧客に価値を届けられずに、大勢の顧客に届けられるわけがないのです。
これは、一人の社員を見なさい、ということと同義だと思っています。
一人の社員も幸せにできずに、社員全員を幸せにするのはできません。

一人一人の部下をよく見る、一人一人の社員をよく見る、一人一人の顧客をよく見る。

この本を読むたびに、初心に戻ることができます。

菅生としこプロフィール←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から31年間、問題解決一筋。
企業で起こる様々な問題を解決しながら、問題解決できる”組織と人材”の成長の両方を実現します。これが成長し続ける会社をつくる唯一の方法です。