一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』 | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』


菅生の一言

Todasy’s センテンス『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』


きっとあなたは社員が働きやすい職場になるように、社員がやりがいをもって働けるように、社員の幸せを考え、行動していらっしゃることと思います。
しかし一方で、社員が幸せになったとしても利益が上がらなければ困ります。会社の存続が危ぶまれますから。

そんな中で、経営者は常に、「社員の幸せを考えたいけれど、利益追求をしなければならない」、しかしそれは「社員に少し背伸びし頑張ってもらう必要があり、幸せに反することとなるかもしれない」とどちらを選ぼうか悩むかもしれません。
また、「社員の幸せを考えたいけれど、それはぬるい職場になるのではないか」という危惧もあるかもしれません。
何が正解で、何が不正解ということはありません。

どんな会社にしたいのか、という話です。

いろんな組織のつくり方があると思います。

しかし1つ言えることがあります。

それが、この本に書いてあった内容と同じだったので、シェアしたいと思いました。


“幸せな職場=ぬるい職場ではありません。自分で考えて発言し、互いに意見を交わしながらも人間関係が壊れない。大きな目標を共にする。
(中略)
自ら動いて挑戦する人材を生む組織をつくるために一番大事なのは「人と人とのつながり」だと感じます。
一人一人が他のメンバーを、自分と同様に大切にし、それをみんなが感じ合えるチームマネジメントが、メンバーの幸福度を高め、かつ成果を出すには必須です。”

出典:『ウェルビーイング・マネジメント7か条 幸せな結果を出す』日経BP
著者:及川美紀(株式会社ポーラ代表取締役社長) 前野まどか(EVOL代表取締役CEO)著

菅生としこプロフィール←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から31年間、企業の成長のための問題解決一筋。
企業で起こる様々な問題を解決しながら、問題解決できる”組織と人材”の成長の両方を実現します。これが成長し続ける会社をつくる唯一の方法です。