一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

なぜ、学ぶことがやめられないのか? | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

なぜ、学ぶことがやめられないのか?

子どものころ、

正確には、社会人になるまでは勉強が好きではなかった。

自宅で勉強した記憶は殆どない。

ありがたいことに自分の机はあったが、机の前に座った記憶は机を買ってもらった1週間くらい。

宿題はやらないか、学校でやる。

定期テストは、今日のテスト科目が何か知らないまま登校する。

大学入試は、当時の共通一次テストの1週間前だけは勉強したっけ。

そんな私だが、今は学ぶことが大好き。

今はお昼休み。今日もまたセミナーを受講している。

このご時世、オンラインで学べるので、移動の楽しみはないが、時間的な余裕ができてありがたい。

なぜ、学ぶことがやめられないのか。

世間でよく言われるのは、

“自分に満足していない。足りないものがあると思っているからそれを補いたいから”だと。

この言葉の真意は、すでに持っているものに目を向けよう。すでにいっぱい持っているよ!ということ。

それでも、学び続けたい自分がいる。

それはなぜか考えた。

学びにより変わっていくことが好き!

なのだ。

よく“勉強をしたら新しい発見ができる”と言うが、

実はそれに全くピンときていなかった。

その意味に、今頃になって気がついたのだ。

新しい発見が楽しいわけではなく、

その先に、変わっていく自分がいるからこそ楽しいんだな、と。

なるほど!と思ったり、

それってこういうこと?と思ったり、

だからこうだったんた!と思ったり。

それにより、大きな変化もあれば、小さな変化もある。

その時すぐには気づかないくらいの変化でも、何年か経ってから変化に気づくこともある。

要するに、変わることが好きなのだ。

私は変化が好きなのだ。

学びが好きじゃない人もいる。

その人はどんな感じなんだろうか?

昔の私のような感覚?

何が楽しいのかわからない?それはあるよね。

変わりたくない?それもあるよね。

面倒?それもわかる。

何か行動する原動力は、すごくやりたいことか、やらないとすごく困るか、強い強制が働くか。

それがなければ、動きたくないよね。

-脳科学の分野だと、ンフォートゾーンという言葉がある。自分の居心地の良い範囲のこと。

その居心地の良さにとどまり続けたいという感覚。

そこから一歩でてしまうと、居心地が悪くなるから元に戻りたいという感覚。

-生物学的には、ホメオスタシスが働くともいう。一定の状態を保ち続けたいという機能が働くということ。

人間は構造的に変わりたくないという機能が備わっているらしい。おもしろい!

やっぱり変わらないことを選ぶのは普通なのだろう。

私の変わることの第一歩は、「学ばないとすっごく困る!すごく嫌な思いをする!」ということだった。

それが、どんな一歩でも前に進んでみると変わることもあるんだな、と思っている。

その一歩のおかげで、変わることが実はそんなに嫌なことじゃないことを発見もできた。

変わることが実は好きなんだということも発見できた。

いや、変わることが嫌だったけど、変わることが好きになったのかもしれない。

人はどこで変わるかわからない。

誰かとの出会いで変わることもある。

セミナーや勉強会で変わることもある。

日常生活の中でのほんの一瞬の出来事で変わることもある。

そして今日も私は変化を求めている。

変わり続けていきたい。

自分に満足していないから(笑)

なのかもしれないな。

どんな一歩も、自分を変える、人生を変える一歩になるかもしれないし、ならないかもしれない。

決めるのは常に自分。

各種サポートメニュー