一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

男女共同参画講演会「女性も意思決定の場へ!」 | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

キャリア

男女共同参画講演会「女性も意思決定の場へ!」

2018年04月10日
先日登壇させていただきました「四日市市主催男女共同参画講演会」。 ご参加いただいた皆様、企画運営いただいた四日市市男女共同参画課の皆様、本当にありがとうございました。 テーマは「女性も意思決定の場へ!」という堅苦しい内容(笑)にも関わらず盛り上がりましたっ! 前半は男女共同参画の歴史(世界と日本)、日本社会・企業・地域・家庭における女性、男性と女性の特徴に違いはあるのか、女性が意思決定の場に少ない理由の分析と意思決定の場に出ていくことの大きなメリットなど、経験談を踏まえながらお話させていただきました。 後半のグループディスカッション、参加者は女性ばかりということもあり、各自が自分の体験・・・

多様性ある女性の働き方と働き方改革

2018年03月1日
先日のこと。 名古屋市内のとてもパワフルな女性の経営する企業様で研修。 社員もほぼ女性。 テーマは、働き方改革に伴い仕事の効率アップ。 その時お伝えしたことは。。。 女性といっても人それぞれ。 未婚・既婚、子どもの有無、シングルマザー、祖父母と同居、子どもの年齢、子どもの人数、ご主人との協力体制、仕事の内容、一概に女性をひとくくりにできませんよね! これは男性も同じ。しかし相対的にいえば、女性の方がより多様性があると思っています。環境による制約や、自分の中の制限や、選択肢。例えば、スカートもズボンもどちらも履けるだけでも男性より選択肢が多いですよね(笑) そんな多様性をうまく一つにま・・・

派遣社員から正社員になったわけ(工作機械メーカー勤務T・Iさん/後編)

2017年10月16日
派遣社員から正社員になったわけインタビュー 後編 (工作機械メーカー勤務Tさん) (前編はこちら) 菅生:お仕事に関しては、正社員の方が「やりがい」「経済的自立」「仲間」という3点に関して、正社員になることに軍配が上がったのですね! Iさん:その通りです。でも実際、正社員になるまでには苦労しました。全然採用してもらえなくて。。。私は高校卒業後、地元の超優良企業に就職しましたが、大した実績もありません。その上、資格もなく、年齢も40歳越え(笑)。書類でアウト~な日々でした。諦めずにせっせと履歴書を出している中で、今の企業が求めている人材と合っていたようで、採用いただきました。本当に感謝してい・・・

湯浅しおりさんとリスクマネジメント

2017年02月8日
リスクマネジメントは企業とって大きな課題です。リスクを冒さなくてはチャンスは訪れない、そのためリスク回避するためにどうすべきか、真剣に考えることも大切です。 弊社は子どもたちの冒険心を育てたいと考えています。 冒険心は、 ・目指す目標をクリアしたり成果を得たいという意欲 ・困難を乗り越えるスキル(考える力) ・行動力 のバランスによって発揮できるようになると考えています。 冒険するためには、「リスクマネジメントができる=考える力がある」が大きな要素であると考えています。だからこそ、弊社では考える力を身につけるための問題解決研修に力を入れています。 例えば、ヨットで太平洋を横断したい、・・・

“50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代” 「LIFE SHIFT」

2017年01月10日
一年間の計画を立てる一月、やる気も高い一月。 最初の一冊は、 「ワーク・シフト」で明るい未来を築くための働き方を提言したリンダ・グラットンによる今を生きている人なら必読の「LIFE SHIFT(ライフシフト)」(リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著 東洋経済新報社)。 序文から、「2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される。(中略)50歳未満の日本人は100年以上生きる時代」と書かれている。長寿化傾向はわかっていながらも、このように書かれると衝撃的だ。国連の推計によるとあるので、一般的には信頼性の高いデータだと言える。 100年生きた場合、65・・・

派遣社員から正社員になったわけ(工作機械メーカー勤務T・Iさん/前編)

2016年11月30日
工作機械メーカー福利厚生担当 T・Iさんにインタビューさせていただきました。 菅生:今日はよろしくお願いします。 Iさん:こちらこそ、お願いします。 菅生:早速ですが、Iさんの今のお仕事について教えてください。 Iさん:ハイ。自動車メーカーに納品する工作機械の製造をしている会社の福利厚生を担当しています。主に、従業員の方が利用する食堂があるのですが、そこで働く方の管理や、直営の売店の商品管理からお金の管理をしています。 菅生:最近正社員になったとお伺いしていますが。 Iさん:はい。子どもが3人いるのですが、実は3年前にシングルマザーになり、しばらくは派遣社員として働いていましたが、2016年9・・・

働き女子のモチベーション向上支援シンポジウムに参加した

2016年11月30日
・・・私らしくっていかにも女子らしい。 この言葉に「私らしくっていい感じ♪」という女性と「そういう言い方やめてくれないかな。」という女性がいるのではないか。私は後者。男性は「僕らしく」と言うのをあまり聞いたことがない。 この言葉に共感する女性をターゲットにするならいいタイトルということになる。   女性は「私らしく」と視点を敢えて意識しないと「自分らしく、私らしく」いられない生き物なのだと私は思う。 女性は幼少期から優しさや思いやりという言葉で周りを気遣うことが大事だと刷り込まれ、自分を主張しないことが美徳とされてきた部分が少なからずあるからだろう。もっというと太古の昔から・・・

各種サポートメニュー