一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

市民活動のすごさを実感 | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

組織づくり

市民活動のすごさを実感

2021年07月16日
市からプロポーザル企画の審査員を依頼された時のこと。 これは、市が主催で行う「市民講座」を行いたい方が考えた企画について 様々な判断基準ー 例えば、 市が行うべき講座か、広く市民が参加したい講座か、 市民講座の目的に合っているか、 などー で審査をさせていただくという内容です。 驚いたのは、 ”市民講座”を開催したいです、 と手を挙げる「非営利の市民団体」がこんなにいる、ということ。 確かに、 市が広報などでPRをしてくれるし、 チラシを配布するときの費用も出るので、 団体の知名度アップには最適です。・・・

変化の大敵は「思い込み」

2021年06月30日
昨日、息子の卓球の試合がありました。 残念ながら負けてしまった試合を振り返る息子いわく、 「試合が始まって、最初に攻撃しに行ったときに、 相手に、(通常はかなり有効な球種の)球を簡単そうに 返球されてから、また返されるかもしれないと思ったら、 それ以降、その球が打てなかった」 らしい。 ここに、彼の思い込みを見てとれました。 「今回返球されたから、次も返球されるに違いない」 という思い込み。 これは私たちによく起こる自分の中に持つ強固な思考です。 彼に限らず、誰にでも少なからずあります。。。 ・自・・・

本当に改善は必要?

2021年06月28日
この春、「イチケイのカラス」という竹野内豊さんのドラマがやっていました。 私も見てたよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?^^ そのドラマでこんな話がありました。 交差点のすぐ手前で工事があり、 その影響で道路が狭くなり、 そこを走っていた自転車がその影響で 交差点の侵入に制約がかかり、 交差点を曲がった時に 向こうからきていた子供に衝突した、という話です。 工事で道路が狭くなっていた  ↓ そこを通る人(自転車)の流れが変わった  ↓ 衝突事故 という具合です。 実はこれは更・・・

今年は部会長を仰せつかり・・・

2021年06月4日
三重県の男女共同参画審議会の委員を務めさせていただき、今年で5年目。 少々説明すると、 県内の様々な立場の県民が審議会委員となり、 ”県の事業は、男女共同参画の視点から適しているのか” と評価する機関です。 そして、3期目5年目菅生は 部会長を仰せつかりました。 菅生自身は、 男女、ということに関しては、 ”身体的な特徴の違いはあるけれど、 基本的には個性の1つ” と思っています。 なので、取り立てて 「男女」が共同して参画する社会と あえて「男女」を強調する主義主張は持っていません。 ・・・

会社の風土を決めるもの

2021年06月3日
世界一周ヨットレースの完走を遂げたヨットのレプリカが目に飛び込んでくる本社ロビー。 拝見しながら、爽快感、勇気、意義、覚悟、いろいろ考える時間をいただきました。 完走を遂げた白石康次郎さんには感動を与えていただきましたし、このチャレンジをしている企業の社員さんもポジティブでチャレンジャブルな方が多いのです。 企業のさまざまな取り組みは、風土を作りますね。 会社風土は、 様々な取り組みと それをどのように取り組むのかという取り組み方、 そしてそれを取り組む人が決める と言っても過言ではないと思っています。 取り組む内・・・

組織開発=組織のリデザイン

2021年05月29日
先日、ある勉強会に参加しました。 その時、一緒に参加していた大活躍中の中小企業診断士さんに、 ご紹介いただいた本を拝読しました! 一言でいえば、組織開発を行う方は必見!の素晴らしい本です。 その本は、こちら。 「偉大な組織の最小抵抗経路」。 一部をご紹介します。 「リデザイン」とは、基本的な前提を一から再考することだ。組織を問題解決しようとするよりも、再考してリデザインするほうがいい。「偉大な組織の最小抵抗経路」ロバート・フリッツ著 教えてくれたKさん、ありがとうございます。 これを読み、 トヨタ自動車に在職していたころを思・・・

「なぜなぜ分析研修」

2021年03月15日
先日行われましたK社様での研修の一部をご紹介します。「なぜなぜ分析」研修。皆様たいへん熱心に研修に取り組んでくださっています😀 身近な話題を用いて、自分ならどうする?おひとかた、おひとかたが考え、答えを出していきます。9時から17時まで、休憩を挟みながらですがいろいろ意見交換をしていると、あっという間の1日でした!ご参加いただきました社員の皆様ありがとうござました。(スタッフF) ・・・

論点を考える

2021年03月14日
前回、論理的思考で論点を考えることができる、と言いました。 論点を考えようと思う時、 必ずネックになるのがメンタルモデルです。 「こんなことを言い出したら、言い出しっぺのお前がやれ、 って話になったら嫌だから、言うのやめよう」 「これは自分の仕事じゃないから誰かが考えてくれるよなぁ。 まあ適当に付き合っておくか」 など、自分の感情が必ず入り込んできます。 「そうだよね~あるある!」と思ったあなた。 ごめんなさい! あなたのチームもチームが機能していません(涙)。 チームで多様な視点を取り入れたいと思っても うまくいきませ・・・

とりとめもないことを考える

2021年03月13日
いつの間にか何かを考えていることってありませんか? でもそれに気づいても、 何を考えようとしていたのか、 何かを考えていたものの、 何の答えを出そうとしていたのか、 よくわからない、まあいっか。みたいなこと。 私は結構あります。 スケジュール帳を開いた目的を忘れ、 目に留まったワードに頭の中が支配され、 何かを考え始める、 でも正気に戻ると何について考えていたのか 忘れていることもあるし、 全く当初の目的とは関係のないことを考えていた ということもしばしば。 この時、 考えているようで考えいない・・・

各種サポートメニュー