一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

仕事で成果をあげるコツ | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

問題解決8ステップ

仕事で成果をあげるコツ

2020年09月18日
先日、百五総研様主催の「問題解決力向上研修」で登壇させていただきました。 コロナ対応で、グループワークができないだけでなく、 席が離れているため、 隣の方と話をすることもできない状況の中での 6時間半の研修。 一言もしゃべらず6時間半、 受動的な受講するのは耐えられない(笑) というわけで。 一人でもできるゲーム、一人でもできるワークを これでもか、というほど多用し、 その都度、皆様からご意見や感想などを頂戴しながら実施。 通常なら、問題解決力向上の入門的な位置づけの研修・セミナー では行わないような、問・・・

コーチングで成果を出す方法

2020年09月2日
このブログを読んでいただいているあなたは、 コーチングスクールなどでコーチングを学んだ方、 コーチングの本を読んだ、 コーチングを受けたことがある・・・ という方ですね。 コーチングスクールに行くと 「コーチングはこうするといいよ」 というコツや型、技術を教えてもらえます。 2001年、 まだ日本にコーチングが入ってきて、 コーチングが海のものとも山のものともわからない頃。 そのころから、コーチングについて教えていただき、 今もコーチングに携わっています。 コーチングはとても素晴らしいスキルであることは ・・・

ほめて育てた子供はダメになる!?

2020年08月26日
子どものために自分の行動を変える! あるママさんからこんな話を聞かせていただきました。 それは・・・ ”「ほめて育てたらだめ」って本で読みました。 「ほめられてばかりで育った子は、社会に出て、上司に叱られたら耐えられない」 と書いてあったので、これから私も叱らないといけないなぁって思って・・・” なんて素敵なお母さん! そのお母さん、とっても素敵なんです。 とても勉強熱心で、子どものこともとっても大切に思っているからこそ、 子どもの教育に関する本を読み、自分の行動を改めようとしているんです。 叱るのはエネルギーがいるけれど、・・・

研修受講させても変化しないのはどうして?

2020年08月19日
これは、多くの教育ご担当者様の悩みではないでしょうか。 基本的に、研修は「知識を得て、やってみる」ところまでが主眼です。 研修でできること 研修では、 知らない→知っている→やってみる 辺りまでであることがほとんどです。 時間的な制約、人数的な制約、教育担当者様からの要望など、 様々な要因が絡まってそのような結果になることが大半です。 長期にわたる研修の場合は、 やってみる→わかる→できる→している の「やってみる→わかる」を行ったり来たりしながら、 変わる受講者も中にはいるかもしれませんが、 基本的には、表面的に変わる・・・

体験型ゲームでやる気を失った?

2020年08月16日
組織開発、チームビルディングでは、様々なゲームを行っている。 思えば、初めてゼロから研修プログラムを作った1997年からずっと、 体験型で研修を行っている。 ということは、既にゲームを取り入れ始めて24年。 なんと人生の半分はゲームとともに(笑) ゲームといっても、最近のスマホやWiiや、SWITCHなどとは違い、 数名のチームで、実際の物やカードなどを使って手や頭や体を動かし五感で知覚し、脳で思考しながら行動するゲーム。 先日、なんと、途中でゲームの完遂をあきらめ、放棄しそうになったチームが現れたのだ! ゲームを終える方法として「このゲームを・・・

あなたのチームは機能していますか?

2020年07月17日
様々な企業様からご参加いただいた生産性向上セミナーでの出来事。 1チーム3名でゲームを行いました。 このゲームは、 ・初めて顔を合わせたメンバーがチームになる ・専門的な知恵や経験は全く必要なし ・PDCAをぐるぐる回し、何度かゲームを繰り返す ・プレイヤーは毎度交代 といったものです。 最初の方は、初顔合わせなので、お互い間合いを図りながら、そして自己表現少なめな関りです。そうなると、毎度プレイヤーは変わるので、そのプレイヤーの意見がそのまま採用になります。そのプレイヤーの言うとおりにするのがベスト、という選択がなされます。だって、行うのはプ・・・

あなたのリーダーシップスタイルは?

2020年07月15日
組織の問題・課題の構造を考え、最も本質的な要素に手を打つことは、組織の成長には非常に重要かつ必須です。 本質的な要素に手を打てない場合、慢性的な問題がはびこり、それに携わる社員の士気低下、もちろん業績悪化、お客様への信頼低下など、更に様々な問題を引き起こします。 ピーター・M・センゲの「学習する組織」では、上記の考え方をシステム思考と言います。   システム思考だけでは問題は解決できない! このシステム思考は根幹をなすものでありながらも、 人がこの問題構造を考え、 人がこの問題構造解決に着手する以上、 この問題解決に携わる人(主には社員・職員)・・・

なぜ、学ぶことがやめられないのか?

2020年05月27日
子どものころ、 正確には、社会人になるまでは勉強が好きではなかった。 自宅で勉強した記憶は殆どない。 ありがたいことに自分の机はあったが、机の前に座った記憶は机を買ってもらった1週間くらい。 宿題はやらないか、学校でやる。 定期テストは、今日のテスト科目が何か知らないまま登校する。 大学入試は、当時の共通一次テストの1週間前だけは勉強したっけ。 そんな私だが、今は学ぶことが大好き。 今はお昼休み。今日もまたセミナーを受講している。 このご時世、オンラインで学べるので、移動の楽しみはないが、時間的な余裕ができてありがたい。 ・・・

人材力を高めよう!

2020年05月21日
組織を組織化する、進化し続ける組織をつくるためには 人材力、組織力、関係力が必要だという話を前回させていただきました。 今日は、人材力について弊社の考え方をお伝えします。 人材力を高める方法として2つあります。 1.今いる社員の能力を最大限活用すること 2.組織の組織化に必要な、進化し続けるために必要な能力を高めること  1.今いる社員の能力を最大限活用すること 部下・社員の強みを最大限に活かすことが、組織のリソースを最大限に活かすことになります。 しかし実際には、この点は忘れられがちです。設備や機械だけでなく、鉛筆は最後まで使おう、印刷ミスした紙一枚については裏紙として使おう、となりま・・・

組織を組織化する、進化し続ける組織をつくる

2020年05月21日
「組織はなくなる」と1988年、すでにドラッカーは言っています。 そもそも、組織は必要なのでしょうか? マネジメントとは、人にかかわるものである。 その機能は、人が共同して成果をあげることを可能とし、 強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすることである。 これが組織の目的である。ドラッカー そうなのです。マネジメントが機能している組織であれば、驚くほどの効果を出すことができるのです。人間の認知を超える成果をあげるには、組織が必要なのです。 それも、お互いに作用しあい、機能している組織、組織化された組織が必要なのです。 あなたの組織は、組織化されていますか? 「うちの会社には優秀な社員が少・・・

各種サポートメニュー