一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

レジリエンスとチームビルディングの共通点 | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

部下指導力

レジリエンスとチームビルディングの共通点

2020年09月4日
レジリエンスというと、 折れない心という言葉に代表されるように、 心や感情を扱うもの、マインド、心理学という分野の話、 というイメージですよね。 その通りです。 では、チームビルディングというと? 多くの人は、チームメンバーが力を合わせて目標達成する、 というビジネス的な言葉、 もしくは、スポーツ界の言葉、 とイメージするのではないでしょうか。 二つの共通点は? 実は、この二つ、親戚だということに気づきました。 チームビルディングは、メンバーが同じ目的・目標に向かう時、 必ずはだかる困難を乗・・・

コーチングで成果を出す方法

2020年09月2日
このブログを読んでいただいているあなたは、 コーチングスクールなどでコーチングを学んだ方、 コーチングの本を読んだ、 コーチングを受けたことがある・・・ という方ですね。 コーチングスクールに行くと 「コーチングはこうするといいよ」 というコツや型、技術を教えてもらえます。 かくいう私も2001年から まだ日本にコーチングが入ってきて間もない頃から コーチングに携わっています。 コーチングはとても素晴らしいスキルであることは 疑う余地はありません。 しかし、コーチングの型・プロセスにはずっと違和感を覚えてい・・・

ほめて育てた子供はダメになる!?

2020年08月26日
子どものために自分の行動を変える! あるママさんからこんな話を聞かせていただきました。 それは・・・ ”「ほめて育てたらだめ」って本で読みました。 「ほめられてばかりで育った子は、社会に出て、上司に叱られたら耐えられない」 と書いてあったので、これから私も叱らないといけないなぁって思って・・・” なんて素敵なお母さん! そのお母さん、とっても素敵なんです。 とても勉強熱心で、子どものこともとっても大切に思っているからこそ、 子どもの教育に関する本を読み、自分の行動を改めようとしているんです。 叱るのはエネルギーがいるけれど、・・・

研修受講させても変化しないのはどうして?

2020年08月19日
これは、多くの教育ご担当者様の悩みではないでしょうか。 基本的に、研修は「知識を得て、やってみる」ところまでが主眼です。 研修でできること 研修では、 知らない→知っている→やってみる 辺りまでであることがほとんどです。 時間的な制約、人数的な制約、教育担当者様からの要望など、 様々な要因が絡まってそのような結果になることが大半です。 長期にわたる研修の場合は、 やってみる→わかる→できる→している の「やってみる→わかる」を行ったり来たりしながら、 変わる受講者も中にはいるかもしれませんが、 基本的には、表面的に変わる・・・

初コーチング講座はいかに?

2020年08月7日
初! コーチング講座を行った相手は、大学院に通う教師のたまごたち。 しかもオンラインでの開催。 自己紹介いただきながら、さりげなくコーチングの技術を使い、 講座の参加者の内にあるものに本人が気づけるようお手伝い。 そして。 学校現場でコーチングは有用なのか、 具体的に活用できる場面を考える、 コーチングとティーチングはどう使い分けるのか? 生徒との関係性の中でのコーチングの使い方、 アクティブラーニングとコーチングの相性、 などなど、教師のたまごの皆さんの興味に合わせて講座を組み立てた。 講座の組み立ては順番が大切! ・・・

コーチング講座は意味がない!?

2020年08月7日
コーチングとともに19年 2002年、コーチングというものが日本に上陸して間もない頃、 私にいろいろな学びを教えてくださったグループ会社の課長さん(当時)から、 「コーチングってものを学び始めたんだけど、これがすっごくいいんだよね」という一言にピンときた。 それから東京、大阪に通うこと数年。 それからずっとコーチングとともに仕事をしてきた。 コーチからコーチングを受けても信頼関係がないとコーチングにならないことを痛感することもしばしば。 特にビジネスコーチングの場合は、 言葉を操る(失礼!)ために、信頼関係はそれほど関係がない。(比較論として)・・・

あなたのチームは機能していますか?

2020年07月17日
様々な企業様からご参加いただいた生産性向上セミナーでの出来事。 1チーム3名でゲームを行いました。 このゲームは、 ・初めて顔を合わせたメンバーがチームになる ・専門的な知恵や経験は全く必要なし ・PDCAをぐるぐる回し、何度かゲームを繰り返す ・プレイヤーは毎度交代 といったものです。 最初の方は、初顔合わせなので、お互い間合いを図りながら、そして自己表現少なめな関りです。そうなると、毎度プレイヤーは変わるので、そのプレイヤーの意見がそのまま採用になります。そのプレイヤーの言うとおりにするのがベスト、という選択がなされます。だって、行うのはプ・・・

各種サポートメニュー