一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

本当に改善は必要? | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

本当に改善は必要?

この春、「イチケイのカラス」という竹野内豊さんのドラマがやっていました。

私も見てたよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?^^

そのドラマでこんな話がありました。

交差点のすぐ手前で工事があり、

その影響で道路が狭くなり、

そこを走っていた自転車がその影響で

交差点の侵入に制約がかかり、

交差点を曲がった時に

向こうからきていた子供に衝突した、という話です。

工事で道路が狭くなっていた

 ↓

そこを通る人(自転車)の流れが変わった

 ↓

衝突事故

という具合です。

実はこれは更に話があり、

工事は無理な短納期工事の発注のせいで、

本来告示されていない時間帯に行われていたことが

影響した、という話でした。

新卒で入社したトヨタ自動車では、「改善」は当たり前でした。

でも、トヨタを退職し、様々な企業様の組織開発・人材育成を

お手伝いするようになって思ったことは、

「改善は当たり前ではない」ということ。

改善をしない理由は様々。

・そもそも改善の仕方がわからない

・改善した方がよいことはわかるけど、変わることへの抵抗

・改善するという風土がない。

・会社や経営層が改善を求めない。

など、様々な理由が複合的に重なり、

改善が行われていないようです。

では、本当に改善しないといけないのでしょうか?

Next level concept with man holding a tablet computer

実は私、

改善すれば必ずよくなるとは限らないので、

「絶対改善すべき!」とは思っていません。

”改悪”という言葉がある通り、

改善したら、そのほかの部分に悪影響が起きることも

考えられます。

世の中は様々なことがつながっていますし、

会社の中も、様々なことが思いもよらないところに

つながっています。

そのつながりがわからない中での改善は

リスキーなこともあります。

知らずに改善したことで、

問題を引き起こしてしまったことに

気づかない、ということもザラにあります。

前述の「イチケイのカラス」のように、

世の中は、様々なことが影響し合っているため、

それを理解した上で改善を行うことが必要なのです。

それがわかっている上での、改善は最強です。

トヨタでは、そのように改善することを

OJTの中で教わりました。

改善するときには、その状況を取り巻く環境や構造を

是非観察してくださいね。

今見えている全体像より、

もう一段広くモノを見ることです。

それだけで、ずいぶん違いますよ!

各種サポートメニュー