一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

心で話を聴くコミュニケーション | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

心で話を聴くコミュニケーション

心で話を聴けていますか?

※本ブログは、文末YouTube動画「心で話を聴くコミュニケーション」のポイントを抜粋した記事となります。

皆さんは、部下の話を聴けていますか?聴いているつもりになっていませんか?

先日ある企業様の社員さんから
「社長があまり話を聞いてくれないんですよ。本当は言いたいこともあるんですが、聞いてくれないから話づらくて」
とご相談を受けました。

しかし、この企業の社長様に話を伺うと、
「部下の話は聞いているよ。でも大抵うまくいかないと分かるので、後で自分の意見を伝えていますよ。部下のやり方では、うまくいかないから言わざるを得ませんよね。」
とお返事を頂きました。

これでは、社長は部下の話を「心で聴く」コミュニケーションが取れておらず、
「耳で聞く」状態になっています。

「きく」の3つの状態

では、どのように「きく」事ができれば、「心で聴く」コミュニケーションになるのでしょうか?
「きく」には、3つの状態があります。

3つのきく状態
1.耳で聞く・音声で耳に入ってくる状態
・頭の中でまったく他の事を考えている
2.口で訊く・話の「事柄」に焦点を当てている
・自分が次に何を言おうか考えている
3.心で聴く・相手の「状態」に焦点を当てている
・相手が本当に必要としているのは何か

先ほどの社長と社員のコミュニケーションを例に、「1.耳で聞く」について解説します。

「耳で聞く」コミュニケーション話を聞いた後、「部下のやり方ではうまくいかない」ので自分の意見を伝えている
上司の状態聞いている間、頭の中では「自分の事」を考えている。
・そうじゃない、どうしてそんな事を思ってんだろう
・こういうやり方した方が絶対うまくいく
真剣に部下の話を聞いておらず、部下のことを「分かったつもり」になっている。
部下の状態話を「きちんと聞いてもらえた、分かってもらえた」とは、思わない。
いつも「否定されている」と捉える。

まとめ

「心で聴く」コミュニケーションは、相手が「話を聴いてもらっている」と感じて、はじめて成立します。



話を聴くとは、「心で聴く」ことが重要。
「心で聴く」とは、
どんな気持ちで、話をしているのか
・どんな背景とプロセスを経て結論に至ったのか(情報)
何を伝えたいと思っているのか
を、相手や話に興味を持って「分かろう」と思って聴く事。

皆さんは、色々な方とお話をしている時に、「なんとなく話を聴いてもらえてないな」そんな風に感じたことはありませんか?
また、ご自身も相手の話を「耳で聞いてしまったな」と思うこと、ありませんか?
ついついやってしまいがちな「分かったつもり」のコミュニケーション。

部下に限らず、どのような相手であっても、話を聴く時は
「心で聴く」よう気をつけていきたいものですね。
それができて、はじめて人と人は『対話』ができるようになります。
対話:お互いに共通する状況の「意味」を共有すること
是非、皆さまと対話ができる日を楽しみにしております。

文責:キャリアコンサルタント 辻 亜希