一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

話を聴く3つの方法【中級編】 | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

話を聴く3つの方法【中級編】

部下の成長につなげる聴き方

※本ブログは、文末YouTube動画「話を聴く3つの方法【中級編】」のポイントを抜粋した記事となります。

皆さまは、心で話を聴くコミュニケーションできていますか?

できていない方は、是非「心で話を聴くコミュニケーション」を実践してみてくださいね。
今回は、もう一歩進んだ「話を聴く3つの方法」をご紹介します。

この方法で、部下の話を聴けるようになれば、確実に部下の成長につなげることができます。

創造的なコミュニケーションとは

私たちは、さまざまな結果を生み出すために、学習をしたり、コミュニケーションを取っています。
良い結果を生み出すためには、より深い創造的なコミュニケーションをとることが大切です。

より深い創造的なコミュニケーションは、どのようにとれば良いのでしょか?
それは、今回ご紹介する「話を聴く3つの方法=トリプル・ループ学習」を意識することで、実現できます。
以下は、社員が「プレゼンで使うデータ」について、上司へ相談する際のコミュニケーションの取り方を例として、
「シングル・ループ」「ダブル・ループ」「トリプル・ループ」を解説していきます。

《例》「プレゼンで使うデータ」に関して上司へ相談するケース

社員:プレゼンでこのデータを使うと良いと思っているのですが、いかがでしょうか。

確認項目上司のコミュニケーションの取り方
シングル・ループ行動「データは、こちらの方が絶対良い(上司が良いと思ったデータを提示)」
良いプレゼンの結果を導くための、
適切な行動を示すコミュニケーション
ダブル・
ループ
前提「なぜ君はそのデータを使った方がいいと思ったのか、理由を教えて」
その行動の前提を確認するコミュニケーション
トリプル・ループコンテクスト
(背景、状況、文脈、フレームなど)
「君はどうしてそういうふうに思ったのか、その背景を教えてくれる?今までの経験の中で、聞き手の状況を判断しながら判断しているように聞こえたけれど、どうしてそう思ったの?」
背景や状況など、コンテクストついて確認を取るコミュニケーション

このトリプル・ループのコミュニケーションが取れるようになると、部下の判断基準を確認したり、部下がその行動をとった前提に加えて、その背後にあるもの全体(コンテクスト)を確認しながら、部下の行動について話を進めていく事ができます。
そして、上司は、部下の判断基準とコンテクストを確認した上で、次に承認や、評価、アドバイスができるようになります。

以下は一例として、上司から部下へのアドバイスをご紹介します。
このような部下の気持ちを確認するコミュニケーションが、部下の成長へつながります。
そして、部下は話を聴いてもらえたと感じます。

[上司のアドバイス]
僕も実は昔、同じように考えていたんだ。
けれど、気になって〇〇のような観点を更に増やして、より良い行動や結果に結びつけるようにできた。
僕の話を聴いて、君はどう思う?
(信頼関係のある上司部下であれば、このような対話も成立します。こうなると最高ですね!)

まとめ

コミュニケーションは、目的ではなく手段です。



意識して『トリプル・ループ』(=より深い創造的なコミュニケーション)を行う
上司と部下の距離感が近づき、部下の成長につながる。
→「より良い結果」を生み出すことができる。

皆さんは、「何のためにコミュニケーションをとるのか」「どんなコミュニケーションを取れば良いのか」を考えながらコミュニケーションをしていますか?
コミュニケーションを取る際には、是非『トリプル・ループ』のコミュニケーションを意識して実践してくださいね。
弊社では、「より良い成果につなげる事ができる」また「より良い職場づくりができる」ような、皆さまにとってのお役立ち情報を、発信して参ります。
次回もお楽しみに。

文責:キャリアコンサルタント 辻 亜希