一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

頂点を狙えるチームになる | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

頂点を狙えるチームになる

日本バレーボール男子、世界大会で46年ぶりの銅メダル。
おめでとうございます。
メダルをとってもとらなくても、いつも楽しませていただいています。

若いころは、川合俊一さん、熊田康則さん、真鍋政義さんなど、
多くのバレー男子選手のプレーをひたすら応援していました。
それ以来、バレーボールは大好きなスポーツです。

そして、今回の石川祐樹選手率いる全日本バレー、本当に素晴らしい試合でした。
試合後、石川キャプテンはこのようにおっしゃっています。

「まだ3位。目標は頂点。そこを狙えるチームになることが僕たちの求めていること」

この言葉を聞いて、スポーツではチームをつくることが当たり前なのに、
なぜ組織ではそうならないのか、疑問に思いました。

頂点というビジョン・目標があり、ビジョンを実現できるチームをつくれなければ
頂点には届かないと私たちはわかっています。

では、企業はいかがでしょうか?
実現させたいビジョン・目標がなければ、社員は動けません。
動けたとしてもバラバラな方向を向いている可能性も高いです。

実現させたいビジョン・目標があっても、それを実現できるチーム・組織をつくらなければ
いつまでも実現しないのです。

一般的には、チームをつくろうとせず、目標を達成しようとするケースが散見されます。
しかし、スポーツと同じで、優勝するぞと目標を共有しても、
優勝を狙える個人のスキルも必要ですし、個人のスキルを発揮できるチーム内での役割分担や、
チームのルールや仕組みも必要です。
仕組みを機能させようと思うとチームの関係性も必要です。
やみくもに目標を達成しようと目標を共有すれば勝手にチームが機能し始めるわけではないんです。

あなたはチーム・組織をつくろうとどんな努力をしていますか?
チーム・組織をつくり、ビジョン・目標を実現したいものですね。

チームのつくり方にもコツがあります。
またお伝えしていきますね。

個人的には全日本バレー男子、これからも目が離せません。

菅生

菅生としこプロフィール ←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から30年間、目標を達成する組織づくりと、自ら問題を解決し、成果をあげる人材育成に奔走。企業で起こる様々な問題を解決し、リバウンドしない状態まで伴走し、組織の継続的な成長をサポートします。