一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

スピード感を求めるとコントロールしたくなる | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

スピード感を求めるとコントロールしたくなる


一般的に社長・経営陣は、
「あれもこれも早く、早く!」
とスピード感を大切にされる方が大勢いらっしゃいます。

だって世の中がこれだけ目まぐるしく変化していたら、それに合わせて経営も
スピードアップさせなければならないので当たり前のことですよね。
そして。
私もせっかちなので、よくわかります。
スピード、大事です!!!

一方で解決や達成までなるべく早く!
と社員に求めると、それが達成されないこともチラホラでてくるのを現実です。
そうすると、社員の能力不足が気になります。
多くの場合、社長の能力>社員の能力だからです。
なので、社長はこうやったら早く達成する、という道筋が見えるのです。

そして、早く解決したい、スピードを求めたいと思うと、
このやり方でやってほしい、とコントロールしたくなるのです。
部下の強みを使って問題を解決する方法を考えてもらおうという考え方ではなくなります。

悪いことではありません。
コントロールと書きましたので、悪いコトのように聞こえるかもしれませんが、
コントロールのレベル感の問題なのだと思います。
コントロールを続け、いわゆるマイクロマネジメントになってくると、
社長・上司の有能さが組織の成果を決めることになります。
スピードを求めようとすればするほど、箸の上げ下ろしとまでは言いませんが、
細かなことまでいろいろ言いたくなってしまうのです。

ある程度のレベルまではその方が成果がでます。
だから、そちらを選ぶ経営者がいるのも理解できますし、それを否定するものでもありません。

しかし、コントロールは社員の行動をその場では変えられます。
でもそれは長続きするのでしょうか?
モチベーションはあがるのでしょうか?
そしてコントロールし続けるということは、
自分一人ではこれ以上の成果をあげられない限界ラインが訪れるのです。
いろいろ口出しすればするほど、自分の仕事が進まない、自分のやるべきことが後回しになります。

だからこそ、自分の限界ラインの手前でコントロールを手放すことが大切です。
それをしなければ社員が育ちません。
そしてもう少しお話すると、
今までコントロールしていたのに、急には社員は育ちません。
コントロールを手放すことができてからかなりの時間の遅れがあり、ようやく社員が育ち始めます。
そうです、しばらくは我慢が必要です。

だから、早めにコントロールを手放すことが肝要です。
でもコントロールすることでスピードが手に入る!
という麻薬を使ってしまうと、なかなか手放せないんですよね。

ということで、スピードを求めるとコントロールしたくなります。

皆さんは社員さんの力も活かしていますか?

文:菅生としこ

菅生としこプロフィール ←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から30年間、目標を達成する組織づくりと、自ら問題を解決し成果をあげる人材育成に奔走。問題解決をしながら、戦略を実現できる人と組織づくりのサポートをしています。