一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

OJTのススメ | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

OJTのススメ


今日のお話は「OJTのススメ」です。
先日、社員さんから、“OJTができるようになるための取り組み”についてご相談がありました。

私はトヨタ自動車在職中、かなり上司からOJTしてもらったこともあり、OJTの重要性はよくわかっています。上司のOJTのおかげで今の自分があると言っても過言ではありません。
当時、企画書を出すたびに、上司から様々な質問をされたり、考え方を聞かせてもらうことで、自分の判断基準ができあがり、徐々に力がついてきたことを実感していました。
今でもとても感謝しています。

でもOJTは非常に良い手段だという話をすると、昔は余裕があっていい時代でしたよね、という方もいらっしゃいます。
今は余裕がないからOJTは難しいですね、とも。
確かに時間的な余裕が今よりもあったかもしれません。
今ほど人材確保に苦労していませんでしたので、一人当たりの負荷が今よりは小さかったという方もいるかもしれません。

では、余裕があればOJTをする。
余裕がなければOJTをしない。
OJTってそういうものなのでしょうか。

私はそうは思いません。

少し乱暴な言い方をすると、昔は、同じような業務を繰り返し行っていればよかった時代でした。
しかし、今は変化のスピードが早く、顧客ニーズの変化からの新しい業務、業務プロセスの改善、組織再編、異動などが頻繁に行われ、戦略や戦術の変更により、業務内容にもスピーディな変化・改善が必要とされています。

そのため、一人一人が素早くスムーズに業務を行えるようになるトレーニング、On the Job Traningの必要性がますます高まっていると思います。
On the Job Traningを行うことによって、
“目標達成・業務遂行がスムーズになる”、
“人材の基礎的能力が高まる”
という2軸からOJTは組織の成長に非常に有効な手段です。
それにより、社員のモチベーションアップやエンゲージメントアップにも必ずつながります。
上記の理由から、今も昔もOn the Job Traningは非常にコスパの高い人材育成だと確信しています。

改めてOJTを見直してみることをオススメします。

文:菅生としこ

菅生としこプロフィール 

トヨタ自動車入社時から30年間、目標を達成する組織づくりと、自ら問題を解決し成果をあげる人材育成に奔走。問題解決をしながら、戦略を実現できる人と組織づくりのサポートをしています。