一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

子どもの頃に受けたかった授業 | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

2017

子どもの頃に受けたかった授業

2017年11月20日
正直に言います。 私は小・中・高を通して、「私、勉強しました!」と胸を張って言えるのは共通一次直前の1週間だけ。あっ。その時点で既に胸を張れるかどうか疑問ですが。ほんとうにお恥ずかしい。 もちろん先生方には大変感謝しています。先生方のおかげで、塾にも通わず、宿題もせず、定期テストの勉強もしなくても大学に行けたわけですから。 そんな私でも大人になってから思うのです。 「勉強が楽しい!」と子どもの頃に思えていたら、もっと充実した生活だったかもしれない、と。 勉強って、いや、知ることってこんなに楽しいんだと教えてくれる授業を見学させていただきました。それは探求学舎さん。東京の三鷹教室を飛び出して・・・

子ども向けイベント”君は人気YouTuberになれるか!?”

2017年11月11日
問題解決力の有無が子どもたちの将来の死活問題になりつつある (ちょっと言い過ぎか?(笑)) と私は思っているほど、問題解決力を高めていかなければ将来子どもたちが苦労する。実際、若手社員の研修でお目にかかる苦労している社員たちを大勢見てきた。 問題解決力は様々な経験により高めることができる しかし、今の子どもたちには問題解決力を養う機会・経験が非常に限られている。昔は、そんな場を親が準備しなくても問題解決力を養える場がたくさんあった。詳しくは別の機会に譲る。 今回、「働きたい女性の就職・再就職を三重県が応援!ママハタみえ」のイベントの一環として、子ども向けワークショップでそんな機会を提供させて・・・

就活生へ ”学生時代から好きなものを探し出す”

2017年11月10日
「グローバルで活躍できる人材とは」 先日、明治大学で開催されたシンポジウム。 「グローバルで活躍できる人材とは」をテーマに企業が求める人材像について議論が交わされたようだ。(日経新聞2017.11.10) パネルディスカッションでの三菱ケミカルホールディングス(HD)越智仁社長、日本HP岡隆史社長、三井造船田中孝雄社長、LIXILグループの瀬戸欣哉社長のお言葉、非常に興味深く、非常に共感した。 “ビジネスパーソンはトータルで10万時間以上働くことになる。学生時代から好きなものを探し出すのがいいのでは” 日本HP岡社長 “AIは全方位型ではありません。人の感性に訴えるものや、価値を付けられ・・・

『先代カリスマを超えて、後継者が最高業績を上げるチームV字経営』酒井英之著

2017年11月9日
[caption id="attachment_445" align="alignright" width="320"] チームV字経営 酒井英之著[/caption] 企業には新入社員が担当する問題から社長が抱える課題と様々だ。社長が抱える最大の課題の一つに社長交代による求心力の低下がある。求心力の低下は即、業績の低下につながるため、世代交代の際、特に中小企業では頭を悩ませる社長も多いのではないか。 チームを結成しその課題に対処する方法が非常に具体的・実践的に書かれている。長年の戦略コンサルタントの実績の中から効果のある手法だけを取り上げていただいている。 著者は「次世代のリーダーを育・・・

人がつどい社会に発信する会社 ー株式会社マルワー

2017年10月22日
新しい価値の発信方法としての会社見学会 先日、愛知県名古屋市にある印刷会社 株式会社マルワ様の会社見学をさせて いただきました。 来られるお客様をファンにする見学会を 戦略的にすることでの効果を実感してきました。 訪問いただいたお客様にファンになっていただく方法 様々な企業様を仕事で訪問させていただくこともあれば、 見学会で訪問させていただくこともあります。 どの企業様も会社の取り組みをお客様に理解していただけるような 様々な取り組みを掲示したり、ご担当者様や新入社員様、時には社長様自らご説明 くださることもあります。 そのたびに、各社様の素晴らしい活動に感動するわけですが、 その会・・・

考える力を伸ばすデザイン思考 -CURIO SCHOOL-

2017年10月20日
今までなかったサービス!こんな商品欲しかった!・・・の裏に。 デザイン思考とは、ゼロからイチをつくりだす方法論 「デザイン」と聞くと、 美術が苦手だから、センスがないから、と敬遠する方、 いませんか? ですが、美術の成績やセンスは関係ありません(笑)。 実は私もその昔、美術は苦手だったから、と思っていた一人です。 英語でデザインとは「設計」(=創り出す)という意味があります。 CURIO SCHOOLさんでは、小学生にゼロから何かを創り出す方法論を伝授しています。中学生、高校生には、その方法論を実際のビジネスとコラボできる場“Mono-Coto Inoation(モノコト)”を提供していま・・・

魔法の授業って? ー探求学舎-

2017年10月20日
魔法の授業って? どんな授業かとても気になっていました。 それは東京の三鷹市にある「探求学舎」さんの授業です。 見学させていただきました! まさに「AWESOME」(すっごくいい!!!すばらしい!!!)。 見学させていただいた授業は、「人体医療編」。 概略を紹介すると・・・ 医療という分野にはどのような歴史があるのか。 先人はどんなことに興味・疑問を持ち、何を研究し、どんな知見を得てきたのか。そして、その知見を積み重ね、時代時代での医療に大きく貢献し、そして今がある! と、まさに先人への畏怖と尊敬を心の奥まで届け、一人一人の心に火をつける授業。 医療の歴史を積み重ねて続けてきた先人の熱い・・・

派遣社員から正社員になったわけ(工作機械メーカー勤務T・Iさん/後編)

2017年10月16日
派遣社員から正社員になったわけインタビュー 後編 (工作機械メーカー勤務Tさん) (前編はこちら) 菅生:お仕事に関しては、正社員の方が「やりがい」「経済的自立」「仲間」という3点に関して、正社員になることに軍配が上がったのですね! Iさん:その通りです。でも実際、正社員になるまでには苦労しました。全然採用してもらえなくて。。。私は高校卒業後、地元の超優良企業に就職しましたが、大した実績もありません。その上、資格もなく、年齢も40歳越え(笑)。書類でアウト~な日々でした。諦めずにせっせと履歴書を出している中で、今の企業が求めている人材と合っていたようで、採用いただきました。本当に感謝してい・・・

子どもの生き抜く力に興味ある方へ

2017年08月14日
現在、親御さん向けの「生き抜く力って何?」(仮題)という冊子制作中です。 今の子どもたちの半数近くは100歳を超えると言われています。 ということは、今後90年近く子どもたちはこの激動の時代を生き抜いていくのです。 親として何がしてやれるのか、この社会を創ってきた大人として子どもたちに何をしてやれるのか、多くの人が考えているのではないでしょうか。 子どもたちはそれぞれがそれぞれに必要な学びをしながら生きています。その時、生き抜く力があればもっと生きやすく、もっと充実した人生を生きていけるのではないかと私は考えています。自分がそうだったように。。。 学力があっても、悩んだり問題が立ちは・・・

夏休み企画!「テレビ局の社長になったら?」開催しました

2017年08月10日
皆もよく見るテレビ局を題材に、テレビ局ってどんなところ?どうやって番組をつくるの?社長だったらどうする?など様々な情報をもとに子どもたちで議論してもらうセミナー。7月22日(土)に名古屋市八事で開催しました。 [caption id="attachment_421" align="alignleft" width="147"] 身を乗り出して議論[/caption] 参加してくれた子どもたちは、自分たちならどんな番組を作るかなど話をしたことが一番楽しかったようです。身を乗り出して議論に夢中になっていました。 受講後の姿ですが、子どもたちの口からテレビのようなビジネスモデルを見つけると「こ・・・

各種サポートメニュー