一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

成果をあげるのに必要なのはコミュニケーション? | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

2023/06

成果をあげるのに必要なのはコミュニケーション?

2023年06月29日
”成果をあげるには、やっぱりコミュニケーションが必要ですよね”という話をよくお客様からお伺いします。 どんなお客様からその言葉をお伺いするかというと、社員数の多い企業様です。社員数の少なめの企業様からはそのような話は殆どお伺いすることはありません。社員数に明確な境界線はありません。結論から言うと、成果をあげるのにどんな企業様でもコミュニケーションは必要です。絶対です。断言します。 ではなぜ、コミュニケーションは必要だという企業と、必要だとは明確に言わない、思わない企業があるのでしょうか。 それは、仕組みがあるのかないのか、の違いで・・・

『チームビルディングは谷をくぐったその先にある』

2023年06月27日
菅生の一言 『チームビルディングは谷をくぐったその先にある』 チームワークではなくチームビルディングを求められている昨今です。チームビルディングをするなら、多様な人材が輝き、活躍するチームにするということ。同質な人同士でなければ、分かり合えないことは多々あるわけです。多様なメンバーによるチームビルディングまでのプロセスとポイントが小説仕立てで理解できる一冊です。 『チーム・ダーウィン』 Todasy's センテンス ”実は今度、新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。会社にとって極めて重要なプロジェクトです。(中略)。でもこのメンバー、す・・・

勝つために必要なのはテクニック?

2023年06月22日
高二の息子は卓球に夢中です。上手な後輩が入部し、もっと後輩に強くなってほしい、勝てるようになってほしいと思っているようです。 なぜなら、卓球にも団体戦があり、自分一人だけが全勝しても団体では勝利できないからです。 でも後輩にはなかなか自分が言っていることが伝わらないと嘆いています。 先に、卓球をあまりご存知ない方もいらっしゃると思うので、少々の解説をさせていただきますね。「卓球は100m走をしながらチェスをするようなスポーツ」という、ミスター卓球こと、世界選手権12個のメダルをとった『荻村 伊智朗氏』の言葉が有名です。 相手が考えている・・・

『プレイヤー比率ダウンがチームの生産性を高める』

2023年06月19日
菅生の一言 『プレイヤー比率ダウンがチームの生産性を高める』 昨今は”マネージャーはプレマネが当たり前”。そうせざるを得ない状況になっている企業様も多いのではないでしょうか。中でもプレイヤーとマネージャーの割合が8:2、切羽詰まった職場では9:1のようなプレマネもいらっしゃいます。 プレイヤー比率を下げることが、チームとしての生産性を高めることにつながります。そのためにはまず、マネージャーの役割を理解することです。 今日は、かなり真理をついているこの一冊から抜粋してお届けします。『部下の力を引き出す10人までの人使い』 Todasy's センテンス ・・・

研修で社員は変容しない!

2023年06月14日
こんにちは。菅生です。 研修すれば、社員が変わってくれるんじゃないかという期待を抱いてご依頼受けることがよくあります。また、研修は社員を変容させる取り組みだと信じ切ってご依頼いただくことも多々あります。 はっきり言います。 ごめんなさい。 1回や2回の研修だけで社員は変容しません。 これは、どんな講師が研修しても無理です。仮に1~2回の研修で変容するなら、 ・どこの会社ももっともっと素晴らしい成果をあげ、 ・社員さんはやる気に満ち溢れ、 ・素晴らしいコミュニケーションができ、 ・ガンガン営業の受注がとれていたり・・・

『チームの成果はマネージャー次第』

2023年06月12日
菅生の一言 『チームの成果はマネージャー次第。』 一人でできることには限界があり、多様性に富んでいる方がチームとなることでがいいものができる可能性大。そこで高い成果をあげられるチームに一番大事なのは、「心理的安全性」です。今日の一冊はこちら。『世界最高のチーム グーグル流「最小の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』 Todasy's センテンス ”心理的安全性とは、端的に言えば「メンバー一人ひとりが安心して、自分が自分らしくそのチームで働ける」ということ。自分らしく働くとは、「自己認識・自己開示・自己表現ができる」ということです””「生産性の高いチームの特性・・・

会議をもっとうまく回すコツ

2023年06月7日
クライアント企業様で行われている会議支援に入ることがあります。経営会議、問題発生時の会議、定例会議などなど。 会議をしていない企業様はありません。 あなたも会議に参加していますよね。 その会議。実は、組織の成果を大きく左右します。回数が重なれば、また長い年月積み重なれば、その違いは歴然。だからこそ、そこに気づいた企業様は会議の質を高めようと努力されています。私たちのようなコンサルに会議支援を依頼することもあれば、社内でファシリテーターを育てようとする企業様もあります。 会議が変われば組織が変わる 会議は、組織の意思決定の場であるため、本当に重・・・

『経営は常に選択の連続。』

2023年06月6日
菅生の一言 『経営は常に選択の連続。』 ビジョンを決める。戦略を決める。リソースの配分を決める。人を採用する。取引先を決める。 経営は常に選択の連続です。コモディティ化が進む昨今での選択のヒントがここに。抜粋してお届けします。 *今日の一冊は、星野リゾート星野社長が教科書にしている本の一冊です。 Todasy's センテンス ”かつては、商品やサービスの機能や質が他者より優れていれば競争に勝てた。しかし今、機能上の差別化がますます難しくなってきている。(中略)必要な経営ノウハウは誰にでも容易に手に入るようになり、どの会社もみな最適な生産性にたっして・・・

会議がうまく回るコツ

2023年06月1日
先日、クライアント先で実施している定例会議にお伺いしました。参加者は製造現場の主任クラス以下メンバー5人で問題解決会議。当然、会議の進め方を学んだことはありません。 なのに非常にうまく会議が回っていたのです。本当に素晴らしいなぁと感動しながらさせていただきました。 なぜ会議がうまく回るのでしょうか。 それは、参加者同士が『相手が話をすることに素直に積極的に聴こうとしていた』ことです。 違う言い方をすると、 ・なるほど、自分とは違うけどそういう意見もあるよね ・相手の意見は自分には持っていない視点だな と、相手を尊重しながら、議論ができ・・・