一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

いつから「問題」という言葉に拒否反応!? | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

いつから「問題」という言葉に拒否反応!?

pak69_penwomotunotedesu20140312_tp_v

先日、小学校6年生の娘が弊社のチラシを見てボソッと一言。

「このチラシ、“問題”って言葉がイヤだね」

 

えっ?今なんて言った?と、とにかくビックリ!

 

大人なら、“問題”、“問題解決”という言葉が好きな人はスーパーマイノリティ。新聞やニュースで「問題」という言葉のネガティブキャンペーンが連日繰り広げられています。「流行語大賞」ならぬ、流行させたくない語大賞なら間違いなく受賞です。

しかし、子どもでさえ拒否反応があるとは驚きました。問題解決はこんなに価値あることなのに!!!ゆゆしき事態が発覚しました。これは我が家だけ?それとも日本中?

 

そこでまずは小4の息子に確認。

「“問題”って言葉?ん?別に」と即答。

 

小6と小4の差とみて、メタ認知能力が育っているか否かが原因と仮定するのか?

小6の娘固有の原因なのか?男女の違い?

データが2件なのでまだわかりません。

これは、すごく面白い発見!今後は対象を拡大して調査だ!

 

参考までに。小6の娘はテストが大好きらしく、テスト問題を連想するからという理由ではないそうです。

 

各種サポートメニュー