一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

三重県男女共同参画審議会、今年も始まりました | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

三重県男女共同参画審議会、今年も始まりました

男女共同参画審議会の委員を拝命しております。
今年で8年目。

毎年のことですが、年に5~6回、審議会が招集され、三重県の男女共同参画の視点から、県民代表(菅生の場合は、企業の経営者代表)として、各部局の方々と様々な意見交換をする場です。
このような取り組みがあるからこそ、男女共同参画も少しずつですが進んでいくのだなぁとしみじみ感じています。

男女共同参画は、女性の地位向上というよりは、人権問題です。
男性、女性に関わらず、人権を尊重することで実現していくのです。

男性が女性の人権を尊重していない、ということもあるかもしれませんし、女性自身が女性の人権を尊重していないこともあります。また女性が男性の、男性が男性の人権を尊重していないこともあるのです。
いわゆる”性の役割意識”です。
そしてここには、LGBTQの方々も含まれますので、様々な視点から考える必要があります。

性の役割意識はかなり根深く、
私が昔から思っていることがあります。

それは、

男性、女性という時点で、何かしら性の役割意識があるということ。男性も女性も同じ人間です。もちろん、身体的に役割が違う部分もありますが、それ以前に一人の人間です。一人の人としての尊厳を尊重すべきだと思っています。そこを無視してはいけないと思うのです。

そしてもう少しいうと、
男性、女性と分ける必要ないんじゃないですか、と思っているのですが、そう思っていること、あえて反応してしまうところが、すでに性の役割を意識したうえでの発言になっているのではないかとも思うこともあるのです。
これは、私自身にも当てはまっています。根深いです。
もしかしたら、そこまでは考えすぎなのかどうかもわかりません。
しかし、反応してしまう時点で何かしら男女の区別をしているのかと思ってしまうのです。

答えはありませんが、
まずはこうして意識するところから、

そしていつか自然と男女共同参画が実現できている社会、
そんなことを唱えなくてもよくなっている社会になっているように、

お手伝いができたらと思っています。

どんな人もみんなが安心、安全を感じ、幸せに豊かな暮らしができますよう。

(2023年7月24日)

菅生

菅生としこプロフィール←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から30年間、目標を達成する組織づくりと、自ら問題を解決し、成果をあげる人材育成に奔走。企業で起こる様々な問題を解決し、リバウンドしない状態まで伴走し、組織の継続的な成長をサポートします。