一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』 | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

2024/01

『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』

2024年01月30日
菅生の一言 Todasy's センテンス『組織が成果をあげるための必須項目は人と人とのつながり』 きっとあなたは社員が働きやすい職場になるように、社員がやりがいをもって働けるように、社員の幸せを考え、行動していらっしゃることと思います。しかし一方で、社員が幸せになったとしても利益が上がらなければ困ります。会社の存続が危ぶまれますから。 そんな中で、経営者は常に、「社員の幸せを考えたいけれど、利益追求をしなければならない」、しかしそれは「社員に少し背伸びし頑張ってもらう必要があり、幸せに反することとなるかもしれない」とどちらを選ぼうか悩むかもしれません。また、・・・

無駄な会議をなくすには

2024年01月25日
先日、こんな質問をいただきました。「会議が長くて、結局どうなったのかわからないし、途中からそこにいるだけの人がいるんです。意味のある会議にする方法ってありますか?」ということで、今日から無駄な会議をなくしましょう! 会議は2種類 あなたは、どんな会議を行っていますか? 意味ある会議は、大きく2種類です。1つは、進捗会議。もう1つは、問題解決会議です。 1つずつご説明しますね。 進捗会議とは? 会議の目的は、様々。確認、共有、議論、決定、アイデア出し。その中でも、確認、共有、決定を行うのが進捗会議です。 言い換え・・・

多様な人材がいる職場と多様性を活かせる職場

2024年01月23日
今日、お打合せでお伺いした企業様でのお話です。 ご担当者様はお二人で、 ゆっくりお話しするのは初めてでした。 話をしてみると対照的なお二人。 お1人は、寡黙ですが話をしっかり聴いていらっしゃるタイプ。ここぞという時には話をなさいます。 もうお1人は、ご自身のお考えや思いを非常にオープンに話をなさいます。 2人以上はチームなのですが、 私は仕事柄、 チームがうまく仕事を遂行できているのか、 成果が出しやすい状態になっているのか、 見る癖があります。 どうやってをうまくいっているのか 判断するのかとい・・・

やはり1on1は有効なツール

2024年01月18日
最近、1on1を実施している企業様が増えています。AWESOME EYEでも1on1セミナーや、企業内導入支援のご依頼をいただくことも多くなりました。 先日は、「1on1ミーティングの効果的な進め方」というタイトルで、セミナーに登壇させていただきました。今回はオープンセミナーなので、様々な企業の経営者様、人事ご担当者様がご参加くださり、それぞれの問題意識をお持ちでした。 たとえば、 すでに1on1を導入しているが、機能していない。 これから導入しようと考えているが、何からどうやったらよいか 最近導入してる他社さんの話を聞くので、1on1について理解した・・・

【戦略人事シリーズ】良い戦略と悪い戦略 №3

2024年01月18日
前回の【戦略人事シリーズ】では、ビジョンと戦略についてお話しました。今回は、「戦略の実行」に話を進める前に、『良い戦略と悪い戦略』についてお伝えしておきたいことがあります。 戦略人事とは、戦略を実行する組織や人事をどうつくるか、という話です。それが、企業の未来に大きな影響を及ぼします。 ということは、立てた戦略が良い戦略である ということが大前提なのです。 ですから、戦略が悪ければ、いくら組織や人を立て直したところで、会社の経営は上向きません。・売上はあがらない、・コストはかさむ、・利益はあがらない、・従業員のモチベーションはさがる、・達成感・・・

【戦略人事シリーズ】必須!「ビジョンと戦略」 №2

2024年01月11日
前回の【戦略人事シリーズ】では、戦略人事とは何かについてお話しました。 今回は、戦略についてお話します。企業においてなくてはならないのが戦略です。戦略という言葉を使っているかどうかは企業様によりますが、どんな企業でも戦略に類するものは立てているはずです。 戦略とは 戦略とは、『長期的な視野を持って自社の強みを最大限活かして、目標を達成するための計画や方針』のことです。戦略的に立てる計画や方針と言う言い方もできます。 「それなら、うちの会社でも立ててるよ。」という方も多いと思います。市場が衰退期にある事業を持つ企業様は、どの方向に舵を切っ・・・

意思決定パターンが決断させる

2024年01月8日
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。2024年はどんな年にしますか? たとえば、・12月には自社の新規事業が軌道に乗り始めている・受験生の息子の勉強環境を整えてやる・卓球大会で3勝するなどなど、1年間の抱負などお考えになられたことと思います。 そうすると、解決したい問題が最低3つはある、ということですね。更に問題を細分化すると、問題は数えられないくらい(本当は数えられますが)挙げることができるということです。自分のプライベートの趣味レベルなら、解決できてもできなくても、困るのは自分なので、比較的気楽に考えられます。自分が・・・