一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

【戦略人事シリーズ】戦略人事とは №1 | 問題解決と組織づくり すごい組織にかえる組織チェンジャー|三重県の人事戦略コンサル AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

【戦略人事シリーズ】戦略人事とは №1

今週から「戦略人事」についてシリーズでお伝えします。

初回は「戦略人事とは」何か、です。

戦略人事

この言葉を聞いて、こんなクエスチョンが浮かんでいるかもしれません。
人事戦略のこと?
いいえ、人事戦略と戦略人事は別物です。
人事部の仕事?
人事部かもしれませんし、経営者の仕事かもしれません。
会社によっては、経営陣と経営企画部と人事部の仕事の場合も。

戦略人事とは何か

戦略人事とは、

経営戦略を実現する人・組織を戦略的につくるか考え実行することです。

経営戦略と人事戦略を連動させることが重要なので、経営者、経営陣と人事部、経営企画室がタッグを組む必要があります。

会社によっては、経営者と右腕が二人で戦略人事を主導する場合もあります。
それなら今でもやってるよ、とおっしゃる方もいらっしゃいますよね。
そうです、既にやっていることがベースとなります。

具体例をご紹介

たとえば、「3年後に〇〇の技術を製品化するために、1年後には新事業企画室を立ち上げ、3人採用する」という具合です。
これは、プロジェクトの成功のために、よくあるケースです。

では、「3年後の製品化」というプロジェクトを実現させるために、1年後に新事業企画室を立ち上げて3名採用すればかなりの確率でうまくいくと言えるのでしょうか。

もしかしたら、3名の新規採用しても、会社の文化や意思決定スタイルになじめず、力を発揮できないかもしれません。

3名はそりが合わず、だれかが途中で辞めてしまうかもしれません。

製造部、営業部は、新規採用者に積極的に協力するでしょうか。

新事業企画室のリーダーは誰が適任なのでしょうか。

リーダー適任者はどのように見つけますか。

今、適任者がいなければ、いつまでにどうやって育てますか。

それとも役職を与えればその人は責務を全うできるようになると考えるのでしょうか。

また、こういったことをこのプロジェクトのことだけを考えることは、部分最適にならないでしょうか。

など、その他にもいろいろ検討事項はありますね。

戦略的に戦略を実行すること

考えられる問題をしらみつぶしにすべてあげて、その問題への対応を事前に考えておこうということではありません。

3年後に戦略が実現しているとすれば、

いつの時点で何がどうなっているかを考え、

そのために、楽観主義ではなく、プロジェクトが実現できるよう、

戦略的に考えることが重要なのです。

そして、こういったことをプロジェクト単位だけでなく、

会社全体の経営戦略が実現するために

何を実行すればよいか、

何から実行すればよいか、

会社全体の今と未来を見据えながら、

戦略的に考え実行する、それが戦略人事です。

これが、本来の人事(部門)が行う仕事なのです。

戦略人事とは、

経営戦略を実現する人・組織を戦略的につくるか考え実行することです。

会社の成長のために立てた戦略(計画)を実現するための考え方であり、方法論です。

次回は、戦略人事を行うために、何を考えたらよいのか、についてお伝えします。

文:菅生としこ

菅生としこプロフィール ←詳細はこちら

トヨタ自動車入社時から30年間、目標を達成する組織づくりと、自ら問題を解決し成果をあげる人材育成に奔走。問題解決をしながら、戦略を実現できる人と組織づくりのサポートをしています。