一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

計画通りに進まない… | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

計画通りに進まない…

「なかなか計画通りに進まないんです」

って、よくありますよね。

 

うちの娘の話。

動画授業を見て自学自習する塾に通っているのですが、

週1で塾の先生と動画授業の視聴計画ミーティング

をするらしいのです。

 

娘は私に似て(苦笑)、

立てた計画通りに物事を進めるのがかなり苦手です。

 

なので、娘は塾の先生とのミーティングで

立てた計画通りに視聴できないので、

ミーティングの意味がないというのです。

 

あなたには、そんな経験ありませんか?

 

計画通りに進むって

どういう意味があるんですかね。

 

私は子どもの頃から、

夏休みの宿題は計画をしっかり立て、

計画通りに進んでいるかが

非常に大事だと言われ続けていた

ような気がしています。

 

だから、

計画を立てること、

 

そして、

計画通りに進めること、

 

どちらも非常に大事なんだと

深く意識に刷り込まれている

気がします。

 

きっと私や私の娘だけではないですよね。

 

だから、

 

会社でも計画を立てること

そして、

その計画通りに進捗を管理しながら

進めていくこと

 

が求められていることに

なんの疑問も持ちません。

 

私たちの常識、と言ってもいいかもしれません。

 

しかし、本当にそうでしょうか。

 

計画は何のために立てるのでしょうか?

 

計画は、

 

目標達成までの

プロセスを見えるようにする

 

ものであると思います。

 

そして、計画を立てる目的は、

目標達成を実現すること、です。

 

そのために、

行動を促進する必要があります。

 

目標までのプロセスが見えるようになると

それと同時に、

私たちは状態をイメージすることができます。

 

”この時点でこれをする、

それまでにこれができていたらいい”

などとより具体的な行動が更に見えてきます。

 

行動が見えてくる=何をしたらよいかわかる

 

となり、行動に移せるのです。

 

話を最初の方に戻します。

 

だとすれば、計画通りに進まないことは

悪いことなのでしょうか。

 

計画通りに進まなくても、

目標達成を実現するために、

行動をしているのであれば、

計画通りである必要はないと思いませんか?

 

最初の計画通りにいかないことも

多いはずです。

 

なにしろ、

私たちは大きなシステムの中に存在していて

私たちが意図していなくても、

周りの環境が変わっていくのですから、

 

その中にいる私たちも

変化せざるを得ないことがでてくるのが

当たり前ですよね。

 

だからこそ。

計画を立てることは非常に重要です。

その時、計画を立てていれば、

目標までの各プロセスが明確になるからです。

  

各プロセスが明確になると、

どの時点でプロセスAにたどり着いていたら

いいんだな、ということがイメージできるので

どんなに環境に変化があっても、

そこに向かって行動を修正することができる、

ということになります。 

 

計画は、目標達成を実現するための手段

なのです。

 

手段は、目的のために変更・修正しても

いいのではないでしょうか。

いえ。

目的のためには、

手段を変更しなければならないことも

あるのです。

 

だからこそ。

常に目的と手段をはき違えてはいけないのです。

 

計画は、計画通りに行くか行かないか、

が論点ではなく、

この計画で目的を達成できるか、

を考えるべきなのです。

 

娘が、計画通りにいかなかったとしても、

目標達成に向かうための

別の手段を実行したのであればよいのです。

 

単なる行動の先延ばしは、

目標達成のためになっていないので

論外ですけどね(笑)

 

最後に。

私たちはシステムの中で動いている、という考え方を

この本で初めて読んだ時、納得・感動しました~。

参考:「世界はシステムで動く」ドネラ・H・メドウズ

 

 

  • 2022年03月6日
  • カテゴリー :