一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE

ほめて育てた子供はダメになる!? | 一瞬の「すごい!」が、一生を変える|AWESOME EYE

一瞬の「すごい!」が、一生を変える AWESOME EYE
〔受付時間〕平日10:00~17:00
〔定休日〕土・日・祝

ブログ

ほめて育てた子供はダメになる!?

子どものために自分の行動を変える!

あるママさんからこんな話を聞かせていただきました。

それは・・・

”「ほめて育てたらだめ」って本で読みました。

「ほめられてばかりで育った子は、社会に出て、上司に叱られたら耐えられない」

と書いてあったので、これから私も叱らないといけないなぁって思って・・・”

なんて素敵なお母さん!

そのお母さん、とっても素敵なんです。

とても勉強熱心で、子どものこともとっても大切に思っているからこそ、

子どもの教育に関する本を読み、自分の行動を改めようとしているんです。

叱るのはエネルギーがいるけれど、叱らなくちゃ!と。

すごくないですか!

私の見解は、

どっちでもいい、です。

ほめてもいいし、叱ってもいい。

子どもにどうなってほしいか、だと思うのです。

このお母さん、

子どもが社会に出た時に叱られても(怒られても)耐えられるように、

という思いがありそうですね。

叱られても(怒られても)、失敗しても、うまくいかないことが

あっても、何が起きても耐えられるように、やると決めたらやり抜けるように、と。

子どものレジリエンスを高めたい

それはレジリエンスを高めたい、ということだと思うのです。

だとすれば、

子どものレジリエンスを高める方法を実践するのがいいのです。

レジリエンスを高めるためには、

ほめる

ではなく、

承認する

なのです。

でも、子供はお母さんからほめられたい!!

だから、ほめてもいいし、

子どもに愛情をもって叱ることも

存在を認めていることにつながるので叱ってもいい。

そして承認する、ということも入れられたら

最高に子どものレジリエンスが高まりますね。

そして、これは、

お母さんのレジリエンスを鍛えるチャンス!!!

素敵な親子、発見でした!

日本コミュニケーショントレーナー協会主催の

レジリエンス1級講座に登壇します。

11月1日(日)です。

各種サポートメニュー